CIS太陽光発電のパイオニアとして世界から注目を浴びるている有望株

大手石油企業「昭和シェル石油」が30年の長きにわたって研究開発を続けてきたのがソーラーフロンティアです。

1978年に太陽電池の研究開発に乗り出した昭和シェル石油グループですが、当初はシリコンを使った太陽光発電の研究を行っていましたが1993になってCIS太陽電池の研究をスタートしました。

その後2006年には昭和シェル石油株式会社の100%出資により子会社として独立して事業を開始しました。

その後宮崎工場でCIS太陽電池の量産化に成功し、2011年には世界最大規模の工場を完成させ、研究開発から生産、販売のラインを一本化させました。

今後も発展が期待される前途有望な会社です。

【高度な半導体製造技術を駆使したCIS太陽電池】

CIS太陽電池は高温時の出力ロスが少なく、従来のソーラーパネルより効率的に発電することができます。

また、黒一色の独特のデザインも特徴的です。

公称最大出力:165w

ソーラーフロンティアのソーラーパネルは黒一色の独特の美しいデザインです。

さて、この期待される会社が持つ太陽光発電システムの大きな特徴にはどんな点が挙げられるのでしょうか。一つずつ挙げていきます。

<特徴1・誰もが注目するCIS太陽電池の採用>
他のメーカーのほとんどがシリコンを使った太陽電池であるのに対してソーラーフロンティアではCIS太陽電池を採用しています。CISとは銅(copper)、インジウム(indium)、セレン(selenium)のイニシャルを取ったもので、それらを主要な成分とした太陽電池のことです。
<特徴2・性能の向上で高いコストパフォーマンスを実現>
CIS太陽電池はシリコン結晶系ソーラーより高いコストパフォーマンスが実現できます。
<特徴3・パソコンや携帯でも発電状況が確認できる>
専用のホームサーバーを設置すれば自宅のパソコンで発電量や発電額が分かります。
<特徴4・ソーラーパネルには20年の長期保証がついている>
ソーラーフロンティアのパネルはグッドデザイン賞を受賞した黒を貴重としたシックなデザインが自慢です。それに20年という長期の保証は大きな魅力です。

やはりCIS太陽電池という技術が強みがあります。またIT技術を使って発電量などをいつでもチェックできるのも最先端という感じがして嬉しいところです。

ソーラーフロンティアのソーラーパネルの価格や発電量は?

真っ黒でソーラーパネルの代名詞ともいえる独特の紋様がないデザインが美しいソーラーフロンティアのパネルですが、その価格や発電量は他社の製品と比べてどうなのでしょうか。

その一例は以下のようになっています。

<SF160-S>
価格=オープン価格、1㎡あたりの最高出力=130.28W。
<SF155-S>
価格=オープン価格、1㎡あたりの最高出力=126.21W。
<SF150-K>
価格=オープン価格、1㎡当たり最高出力=150W。

一部のCIS太陽電池がうまく活かされているのだと思いますが、一部の商品で他社のソーラーパネルよりも出力で一歩リードしています。